講演会「見えない宇宙を電波で観る」

人間の目で見える光では宇宙のほんの一握りのことしかわかりません。しかし、宇宙からの微弱な電波を観測できる電波望遠鏡を使うと、光ではわからないさまざまな宇宙の姿を知ることができます。電波を使うと何がわかるのかミリ波望遠鏡として世界最大の野辺山45m電波望遠鏡による最新の天文学の成果を交えながら、研究者が解説します。

【日 時】 2017年8月6日(日) 15:00~16:00(14:30開場)
【会 場】 天文・科学情報スペース(下連雀3-28-20 三鷹中央ビル1階)
【講 師】 国立天文台 野辺山宇宙電波観測所・助教 梅本 智文さん
【定 員】 30名(先着順)
【参加費】 無料
【申し込み方法】 7月19日(水)11:00 から申し込み受付を開始します。下記メールアドレス宛にお名前・電話番号を明記の上、お申込みください。受付後、受付メールを差し上げます。
【申し込み先】
天文・科学情報スペース
メールアドレス:tenmon@mitaka.ne.jp
電話番号:0422-26-9951

※駐車場、駐輪場はありません。お越しの際は公共の交通機関をご利用ください。